大台町木づかい推進協議会

木づかい推進協議会とは

木材は人と環境に優しい資材です。その利用を促進することは、林業及び木材 産業の活性化だけにとどまらず、森林の多面的機能の発揮や地球温暖化対策の推進、資源 循環型社会の形成に貢献するもので、健全な森林が「清流宮川」を育んでいます。このため、大台町産材の利用の意義を広め、木材利用の拡大につなげていくための町あげての運動として「木づかい推進運動」を展開する。

この取り組みは、ユネスコエコパークの目的である生態系の保全と持続可能な利活用の調和(自然と人間社会の共生)を目指すものである。

木材は人と環境に優しい資材です。

企業の森プロジェクト

大台町の森林を「企業の森」とし、企業のCSR活動の一環として、資金や人材のサポートを受け、宮川森林組合が整備を行います。さらに、企業の福利厚生として、フォレストピアでの研修旅行や家族旅行などのくつろぎの提供や、フィールドマイスターによる自然環境教育の提供など、互いに永続的な関係づくりを行っていきます。
企業の森プロジェクト

大台町の山

大台町では、鹿の食害が著しく、大台ケ原の日出ヶ岳周辺に代表されるように鹿の皮剥ぎなどによって樹木が枯れることがあり、また、幼木が食害にあうこと等により森林は天然更新されず、裸地化・草地化が進み、貴重な原生林が失われつつあります。
また、近年増加している人工林の造林未済地では、原生林同様に鹿の食害などのため天然更新は望めず、造林地であっても、担い手不足等から手入れの行き届かないところでは樹木が密集して太く育たず、光の差し込まない下層では植生が減退しています。
その結果、土壌が流出し、専門家からは、森林が本来持つ水源涵養機能や緩衝機能は期待できず、山腹崩壊の危険性もあると指摘されています。

大台町では、木材の適正な成長を促し、広域的・効率的な木材利用を積極的に推進していくため、間伐を主とした補助事業等に係る森林整備を行い、また、森林整備の一環として山腹斜面の防災性(治山機能)の向上、地域の自然回復の拠点、及び、スギ・ヒノキなどの単一な木材利用から脱却し、市場ニーズの多様性に応じた付加価値の高い樹種の育成等を目的とした植栽を行ったり、その植栽に使用するための地域性苗木の生産を行うなど、様々な目的を持った山づくり(森林整備)に取り組んでいます。

  • 大台町の山
  • 大台町の山
  • 大台町の山

木づかい職人育成塾

職人育成塾では、未来の木工職人を育てるために塾生を募集しています。大台町の山で育った木材を活かして、デザインに優れた木工加工製品を作り上げられる人材を育成します。
木づかい職人育成塾

木づかいショップ

  • オリジナル薫製機
    オリジナル薫製機
  • 燻製チップ(さくら)
    燻製チップ(さくら)
  • 燻製チップ(ひのき)
    燻製チップ(ひのき)
商品についてのお問合せ・ご注文は、宮川森林組合までお気軽にお問い合わせください。

宮川森林組合
電話 0598-76-0135/FAX 0598-76-0263

お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お問い合わせ内容

2、3日経過しても当協議会からの返信メールが無い場合はシステムエラーが考えられますので、
誠に恐れ入りますがTEL:0598-76-0135までご連絡頂きますようお願い致します。

お問い合わせ

お問合せ・ご質問等は、お電話または下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日9:00〜17:00 土日祝日はお休みを頂いております。

0598-82-3781

フォームからのお問い合わせ

受付時間 24時間365日 お返事には2〜3日お時間を頂きます。

お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お問い合わせ内容

2、3日経過しても当協議会からの返信メールが無い場合はシステムエラーが考えられますので、
誠に恐れ入りますがTEL:0598-54-0633までご連絡頂きますようお願い致します。