JForest

森林組合って?

森林組合ってどんな組合なのでしょう?
緑の森や林を守り育てる仕事をするのが森林組合なのです。

三重県大台町にある宮川森林組合は、森林所有者が組合員として加入し、
宮川の源流の山々の緑を守っています。

森林は美しい空気を生み出します。 
美しい水も緑の山々から生み出されます。
いずれも生命の源なのです。

また、緑の木々の根っこの力は、
土地の崩壊や土砂の流出等の自然の脅威より人や町を守ります。
宮川森林組合は山や森林に関するあらゆるサービス活動に
頑張っています。 

皆様と共に楽しい次の世代のために、美しい宮川のために、
たくましい国づくりに頑張ります。どうぞご協力下さい。

 

   

業務内容

 
広葉樹活用  

広葉樹活用

宮川森林組合では、自然配植栽技術を用いて広葉樹をまじえた森づくりを行い、広葉樹資源を活用した商品開発を行うという、新しい林業に取り組んでいます。

スギ・ヒノキを中心とした林業だけでなく、広葉樹資源を活用した林業に取り組むことは、大台ケ原・大峰山・大杉谷ユネスコエコパークの森を守り育てる森林組合として、持続可能な経済活動を模索していく中でのチャレンジなのです。

 

 

自然配植技術についてくわしくは、こちらのボタンよりどうぞ。

 

植栽では、地域で自生する樹木の種子から育てた「地域性苗木」を使用します。
大台町苗木生産協議会

 

"Odai"アロマ

Odai

 

2017年4月より、大台町産の広葉樹を活用した商品を、「Odai」ブランドとして販売しています。天然成分100%のオリジナルアロマ商品をエコパークの森からお届けします。

 

Odaiブランドのコンセプトのご紹介、オンラインショップについては、こちらのボタンよりどうぞ。

 

 

大台町をご紹介する動画ができました。こちらから。

 

アクセス